失踪した人を探したい時は「家出調査」を頼もう

「家出調査」を利用するという失踪人の探し方

頼りになるのは「家出調査」

自由に捜索ができる探偵

警察が行方不明者の捜索に踏み切るためには、それなりの理由が必要になります。
その点、探偵なら依頼さえあればすぐに動き出してくれるという身軽さが売りであると言えるでしょう。

もちろん警察に捜索願を出しておくことは大事なことですが、同時に「家出調査」を依頼して捜査を開始してもらった方がいいのです。
時間の経過とともに無事に保護される確率も低くなってしまうというからです。
警察と違って色々な縛りがなく、それでいて素人とは違った専門的な知識と経験を持っていることが探偵に依頼するメリットです。
特殊な機器を使用したり、関係者を尾行したりすることから対象者の滞在先が浮上してくるかもしれません。

何らかの理由で戻ってくることが叶わなかったとしても、無事に生きていることがわかっただけでいいとする依頼者もいるようです。

探偵に調査を依頼する時の料金設定

効率的に人探しをしてくれると言われている探偵事務所ですが、家出人を探すための費用についてはどうなっているのでしょうか?

大切な家族を探すためならお金に糸目はつけないと言いたいと思いますが、もしも一家の家系を支えてきた主がいなくなったのだとしたら、今後の生活の為にもできる限り出費は抑えたいと思うはずです。
しかし、ここが落とし穴となってしまうこともありますので注意しましょう。

「一件当たり」や「成功報酬型」と言われるような料金設定の場合は、どのような段階をもって成功とするかという認識のズレが生じてしまうことがあると言いますし、「1日ごと」や「1時間ごと」に加算されていくタイプの料金設定の場合は、結果が出るまでどれぐらいの費用が必要になるのか検討がつかないという点がデメリットとなってしまうようです。


このコラムをシェアする